るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

大嘗宮一般公開に行ってみました!混雑と少しでも待ち時間を減らす方法

【スポンサーリンク】

天皇陛下ご即位のイベント、大嘗宮公開もいよいよ本日が最終日!!

乾通りの一般公開も同時に開催されていて、かなりの混雑が予想されます

 

f:id:ellun:20191208063305j:plain

平日でこの人数です!

 

大嘗宮を見に行ったのか見物人を見に行ったのかわからない状態。

しかも、何の下調べもなく突然行ってしまったため、カメラにSDカードが入ってなくて写真がほとんど撮れないわ、大嘗宮見るまでにやたら時間がかかるわで、下準備と調査がどれほど大事かを思い知りました。

 

そこで、今日行く方に少しでも待ち時間を減らしてに観る方法を伝授したいと思います!!

 

 

・手荷物は持たないで行く

 

坂下門を入る前のセキュリティチェックが、まず第一の関門になります。

ここの待ち時間は結構つらい!寒いし、立ちっぱなしだし、何の罰ゲーム!?というくらい辛かったりします。

 

ここで罰ゲームをなしにできる裏技!

 

それは、手荷物を一切持たないこと

実は、手荷物のある方大ゲートの横にはひっそりとハイスピードレーンがあって、手荷物さえなければめちゃめちゃスピードアップ!!!

 

カメラ以外はなるべくコインロッカーに置くか、最初から持たないで出発しましょうただだ、東京駅のコインロッカーは空いていないと思ったほうが無難です。

あと、ペットボトルなどで飲み物を持ち込めますが、セキュリティチェックで一口飲むことを求められるので、その準備も忘れずに!

 

・水分はなるべく摂らない、トイレは済ませていく

 

皇居周辺、本丸周辺には仮設トイレがあるものの、かなり少ないのでどこも長蛇の列で、セキュリティチェック並みに待たされたりして意外なタイムロスを招きます。

不測の事態を起こさないためにも、トイレ対策は東京駅までに済ませたほうが良いです。

 

・腕と脚のストレッチをしてから皇居に向かう

 

f:id:ellun:20191208063310j:plain

実は腕を思いっきり伸ばして、カメラの液晶モニターを下向きにして位置を調節しながら撮ったもの。

 

通路が狭くて人が多いばかりでなく、誘導の警察官からなるべく立ち止まらないようにとの指示もあるため、見物客の間から大嘗宮を撮影するのはほぼ不可能!

 

なので、両腕を伸ばして撮る練習をしてから行ったほうがいいです!

ちなみに自撮り棒は使用禁止です。

 

あと、入場坂下門退場乾門北桔梗門平川門大手門のいずかになるため、東京駅から考えても結構な歩行距離になります。

 

休憩スペースもあまりないため、脚もよくストレッチしてから向かいましょう!

 

ちなみに、帰りは大手門が圧倒的に混むため、平川門から竹橋駅へ、北桔梗門から北の丸公園を散策しながら九段下駅へ向かう方がストレスなく移動できます。

 

海外の関心も高い天皇陛下ご即位の行事で、我々がその行事を垣間見られるひとつである大嘗宮、本当に今日までしか見られませんので、ぜひ参考にしてみてください!

 

f:id:ellun:20191208063323j:plain