るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

経験者が語る公務員と民間企業!違いを本音で話します!

【スポンサーリンク】

私は民間企業(営業職)を経験し、公務員(地方公務員)となりました。

 

また、これから就職転職する方の少しでも参考になればと思い、体験談も交えお話ししたいと思います。

 

中にいた人間として、本音で語りたいと思います。

 

 

そもそも公務員と民間企業の違いとは?

公務員とは?

国や県、地方公務員など、国民に対し平等に働くことを目的とし、営利を目的とせず人々の生活を豊かにする仕事をする。

 

民間企業とは?

サービスや商品などを提供し、その対価を得ることを目的とし、多くは営利と目的とする、会社や自身の利益を追求を仕事とする。

 

 

f:id:ellun:20191205144419j:plain

 

そもそもこの2つの違いは、目指すべきところに違いがあります。

 

公務員は、営利を目的とせず(100%営利を目的としない訳ではありませんが)、住民の生活を豊かにすることが最大限の目標であり使命です。

 

国家公務員や地方公務員の違い、どこの部署であっても、どんな仕事であっても最終的には住民の生活を豊かにすることが仕事です。

 

そのために、その使命を果たすことにやりがいを感じなければ、続けるのは難しいでしょう。

 

 

逆に民間企業では、営利を目的とし会社や自己の利益を追求することが仕事です。

 

仕事は公務員に比べ、多種多様であり、そういう意味では自分に合った仕事を選択することができるでしょう。

またやればやるだけ賃金が増えることも大きなやりがいと言えます。

 

そして、公務員もたくさんの職種がありますが、何か企画し実行するまで民間企業に比べスピード感はありません。また予算の関係も含め施策を考えたとしても、実現が難しいこともあります。

 

 

f:id:ellun:20191205144551j:plain

 

では、なぜこの世の中、公務員人気なのでしょうか?

 

理由はさまざまあると思いますが、私が考えるに3つあります。

 

1つ目 景気に左右されない収入の安定性。

今この不景気の中、民間企業(大手除く)より公務員の賃金の方が高い場合が多いです。

しかも、問題を起こさなければ年々昇給していくのも良い点ですね。

 

また、よっぽどでもない限り、倒産やリストラもありません。

こんなことを言ってはなんですが、仕事ができない人でも肩を叩かれている姿を私は一度も見たことがありません。

 

そういう意味では、仕事に集中できる環境であるでしょう。

 

 

2つ目 手厚い福利厚生や休暇制度

基本的には、住宅手当(家賃手当)や家族手当は当たり前のように出ます。

正職員であればボーナスは必ずと言っていいほど出るでしょう。(最近は非正職員でもボーナスが出ている自治体も増えています。)

 

休暇も有給休暇、病気休暇、育児休業、産前産後休業なども取れます。

 

よく言われる有給休暇は取りやすいのか?については、はっきり言うと取りやすいです。

ただ、実情は取ったとしても、明けの日にデスクに電話メモが10枚以上ついていることなんかはよくあることで、休んだ日の要件を済ましながら通常業務をするということが基本です。

 

だから現状でいえば、取りやすいが、取る人があまりいないというのが実情です。

 

病気休暇は、医師の診断書があれば最大90日間、100%の給与が保証されながら療養に専念することができます。

これは有給休暇とは違い、病気休暇としてあるので、そこが強みですね。

 

女性であれば生理休暇もあります。下の記事を参考までにお読みいただければと思います。

www.llullun.com

 

何かあった時!にとても強く、働く人としても安心できますよね。

 

 

3つ目 社会的信頼身分

収入の安定性や社会的信頼からローンが組みやすいです。

また、家の購入に関してもローンが組みやすく、審査というできごとに非常に強いと感じます。そのため、早い時から人生設計をすることができ、その安定性を求め異性にモテることもあるでしょう。

 

 

じゃあ結局公務員がいいの?

f:id:ellun:20191205145817j:plain

 

私からアドバイスするとすれば、自分の人生で何が重要か考えるべきだと思います。

 

冒頭にお話しした通り、公務員の仕事は住民の生活を豊かにすることです。

もしそこにやりがいを見出せないのであれば、入ったとしても辞めてしまうでしょう。

 

またよく、インターネット上で耳にする

・残業がない。

・楽で暇。

・仕事が簡単。

とよく聞きますが、ほとんど間違いです。

 

残業はがっつりあります。いやな話、サービス残業もあります。

決して楽ではありません。暇でもありません。お昼休憩も取れない日もあります。

仕事は正直ルーティンワークの部分はありますが、慣れてきた頃に異動があります。

 

またよく新入職員で「地元に貢献したい。(建前)あと、楽そうなので!(本音)」

と言って入ってくる方もいますが、結局は民間の方が良かったと辞めてしまうことも実際あります。

  

仕事で大きな壁にぶち当たり、住民や上司からの無理難題を押し付けられ、やりがいを見出せず、鬱となり病気休暇ということが多くあります。(実際休職者が多いです。)

しかも、公務員ははっきり言って民間企業に比べ変な上司が多いです。

 

そして、みなさん揃えて言うのです。

私が思っていたのと全然違う。

 

逆に残っている人から言えば、考えが甘かったんじゃないの?ということ。

 

そのため私は、仕事が嫌でも上記3つのためと割り切る姿勢(この場合かなりの覚悟)住民の生活を豊かにすることのために入る人以外は、止めておいた方が良いと思います。

 

こんなこと言ってはいけないのかもしれませんが、仕事にやりがいを求めるのであれば民間企業で自分の力を発揮する方が絶対良いです。

決して、お金や安定が人生の全てではありません。

 

公務員の「」「安定」を求めるのであれば、もう一度自分の人生を見直してみることをお勧めしたいです。