るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

大学に行く意味を「大卒者」と「高卒者」で話し合ってみた

【スポンサーリンク】

友人A(大学卒業→フリーター→一般(大手)企業正社員)

友人B(高校卒業→一般(中小)企業派遣社員からそのまま無期雇用形態)

 

・私(大学卒業→一般企業、公務員経験)

 

この友人Aと友人Bは普段は仲が良いのですが、なぜかお酒を飲むと学歴について、意見をぶつけ合います。

 

私はあまりこの手の話は好んでしない(と言いますか興味がない)ので、第三者として聞いていて、同意できたことをを書きたいと思います。

 

 

友人A(大卒)の言いたいこと。

 

1.大卒者は就職のため有利に進められる(特に大手企業)

2.時間に余裕ができる(進路、資格取得、学習以外の見聞を広める)

3.専門的な知識がより深く学べる

4.大卒という肩書が持てる(学歴コンプレックスの解消)

 

ということを主張していました。

 

1.大卒(大手)就職のため有利に進められる

確かに大学の新卒枠というのは、求人数も多く、大手企業も力を入れています。

ただ、最大手ではない限り、高卒者の方も入れないことは、ないと思います(枠は少ないと思いますが)

 

この件だけで言えば、公務員試験では、大卒枠で受験できたことは良かったと思います。

(ただ、大学程度枠で年齢要件を満たしていれば、高校卒業の方も受けられるところもあります。ただ、社会人枠でも受けられますので、そこまでの差はないかもしれません。)

 

 

2.時間に余裕ができる

時間の使い方さえ間違えなければ、この4年間は大きな財産となると思います。

また、大学には、そのまま何となく入ってきた人は多くいます。

自分の道を決められる人はそのまま行く意味を見失わず、突き進むことができますが、その中で迷い、自分の道を決められない人は、もしかしたら大学に行く意義を見失ってしまうかもしれません。

友人Aも、悩みに悩みすぎて、一度フリーターになってから、第二新卒枠で今の会社に行っています。

 

 

3.専門的な知識がより深く学べる

これまでの生きた経験を活かし、興味をもったこと、なりたい仕事に向けて研究ができることは、大学の大きな意味であると私は考えています。

 

 

4.大卒という肩書が持てる

これは私はよく分かりません。友人Aは「男だったら大学くらい出ていないと恥ずかしい!」と言っていましたが、私としては、社会に出てからの方が重要と考えるので、そう感じる方もいるそうですね。(就職後の学閥等も含めて)

 

f:id:ellun:20190629170546j:plain

 

友人B(高卒)の言いたいこと。

 

1.大学に行かなくても自分が行きたいと思う仕事がすでにあった

2.学費が高い(親にも自分にも負担をかけたくない)

3.何の考えもなしに行くような人が多いから時間の無駄

 

ということを主張していました。

 

 

1.大学に行かなくても自分がやりたいと思う仕事が決まっていた

この考えって、私からすると凄いと思うんですよね。

高校卒業する時に、将来自分のやりたい仕事が決まっていることは、自分の将来設計をこれまで十分にできていたと考えます。私は後に書きますが、何となく大学に入った人間です。

 

 

2.学費が高い

奨学金があるとは言え、基本的には返済義務があります。

そのために、親に迷惑をかけなくても、将来返せるか不安になることはあるかと思います。今後どうなるかわかりませんが、友人としては奨学金を借りてまで行きたくなかったみたいですね。

 

 

3.何の考えもなしに行くような人が多いから時間の無駄

これは友人Aだけではなく、会社にいる大卒者から聞いて、思ったことみたいです。

4年間遊んじゃったわー」「4年間過去一番楽しい時間だったわー

みたいなのを聞くと、行かなくて良かったと思うようです。

 

 

私が思ったこと(まとめ)

2人を意見を聞いて、私が思ったことは、ある程度やりたい事仕事が大学に行く前までに決まっていて、そのために必要な知識や資格を得るために大学に行くということをしたかったです。

 

私は大学を目指すに当たっては、なんとなく世間に流されるまま、自分の学力程度の少し興味の持てる大学に行きました。授業は楽しかったですが、就職のために勉強するわけでもなく、ただ、留年しないことを目標に、就職活動をするように言われた時に、リクルートサイトを見ながら、なんとなくやりたい仕事を何社も受けて内定をもらうようなことをしていました。

 

新卒として入った企業も、大学で得た知識を使うこともなく、ただ会社の一つの駒に加わること、当然と言えば当然の結果です。

 

唯一、卒業後に大学に出ていて良かったなあ・・・と思ったことで言えば、仕事である資格が必要となり、受験資格が大学卒業ということであったため、それは良かったです。

 

高校生で大学受験までに、世の中にはどういう職業があって、その職業に就くためには、大学に行かないといけないのか、高校卒業したあとでも、人よりすぐ目指せる仕事なのか、その見極めが重要なのかなと思いました。