るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

【2019年6月版】Googleアドセンス サイトの停止と価値の低い広告枠【はてなブログ】

【スポンサーリンク】

今回6月4日に、はてなブログの無料から有料に切り替え、そこから申請し、6月24日に合格をした体験を書きたいと思います。

 

落ちた理由は2つあります。

 

 

(1)サイトの停止または利用不可

正直言って、これは7回ほど落ちたと思います。

色々な情報があり、試してみたけど、意味があったもの。なかったものを書きたいと思います。

 

グーグルサーチコンソールのインデックスの作成はしなくても良い。

 必要と言う情報をたくさん見ましたが、実際、何か不具合が起きていたため、検出されたURLが見つかりませんでした。

 

グーグルサーチコンソールのアドレス変更完了は未完了でも良い。

実際、未だにアドレス変更が完了していません。

これも待つ必要はないと考えます。

f:id:ellun:20190626225447j:plain

そのため、インデックスは正直いらないものだと考えます。

 

転送リダイレクト設定は絶対に必要。

設定必須です。(下記、お名前.comの場合のやり方)

お名前.comNavi→タブの中のオプション設定→URL転送設定

 

f:id:ellun:20190626230703j:plain

転送元URL→グーグルアドセンスに申請する時のURL「/」ありです。

転送先URL→https//www.○○○.○○の「/」なしです

転送タイプ→リダイレクト

 

ここに一番試行錯誤を繰り返しました。転送先URLのhttpのsをつけたり、末尾に「/」を入れたり入れなかったり。結果としてこの転送の仕方で、サイトの停止または利用不可は逃れることができます。

知識があるわけでもなく、専門家でもないため、確かな理由はありませんが、試した結果、切り抜けられた!ということには間違いないです。

 

 

(2)価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

サイトの停止または利用不可が切り抜けられた!と思いきや、次に来るのが、だいたいこれだと思います。

 

 

何か引用や参考にすることはあっても、100%オリジナルなのになあ。と私は正直、思いました。これも色々と試したことを書きたいと思います。

 

 

「目次、見出しをつけろ、見やすさを重視せよ」というのはしなくても良い

正直言って、今回初めて目次と見出しを使いました・・・(笑)

今日の記事から過去の記事を見て下さると嬉しいのですが、一度も使ったことがありません。もしかしたら、合格率が上がる可能性・・・というのは否定できませんが、しなくても良いと考えます。

 

申請まできちんと手直しをして、すこし期間を空けた方が良い!?

不合格→手直し→申請(その日のうちに)、不合格→手直し→申請(その日のうちに)、不合格→・・・

 

と、私は不合格の通知が来た日に、手直しして、即申請をしていました。

 

手直しする内容は、申請した日に次回の予想をしておいて、不合格であったら、次はこれ!次はこれ!という感じで、やっておりました。

 

平均3日に1回連絡をいただけていたので、7回ほどチャレンジすることができました。

 

過去書いた記事が新ドメインに変更されていないため、落ちる

これに関しては、はっきりと分かりません。ただ、新ドメインに変更申請はグーグルサーチコンソールにしていますが、完了はしていません。

 

そのため、ドメイン変更前の記事は、新ドメインでグーグル検索をかけても、引っかからない状態となっています。

 

一応、新ドメイン以降してから10記事書きました。

 

アドレス変更まで申請してから一か月ほどかかるそうです。

そのため、並行して記事を書き続ける方が良いかと思われます。

 

第三者配信の広告サービスは外さなくても良い

いわゆる、amazonアソシエイトやもしもアフィリエイトなどです。

今回私は、そのままで合格することができましたので、外さなくても良いと思います。

 

価値のある記事を書く

これは、色々なサイトで見ました。

価値の低いのだから、価値のあるブログに変えようと。

検索ユーザーの求めるものであり、グーグルの上位に表示されるようにしようと。

うーんって感じです。

それをいきなり書けと言われても、難しい話ですね。

 

無責任なような気がしますが、自分が価値があると思えれば、それはもう価値のある記事だと私は思います。今後も同じようにぶれずに書き続けるのであれば、なおさらだと私は思いました。

 

ちなみに私は、過去の記事の手直し等は一切していません。

 

Adsenseプログラムポリシーは3回は見ること

これまで色々と語らせていただきましたが、大体がこちらな気がします。

ちなみに私は3回読みましたが、一番ひっかかるところだろうなあ・・・と思うところは、コンテンツポリシー>禁止コンテンツの部分は絶対読むべきところです。

 

ちなみに私はここで引っかかっていました。

理由としては、違反しようとか、悪いと思って書いていたわけではなく、たまたま書いていた内容に、引っかかってしまっていたようです。

 

そのため、下書きに戻し、申請をしたところ合格をいただきました。

 

アドセンスポリシー違反も、価値の低い広告枠として、認定されてしまうため、まずは、違反をしていないか、意外と抜けている部分ではあるので、確認をされた方が良いと思います。

 

 

まとめとして。

一か月間、たくさんのことを調べ試行錯誤して、合格に至りましたが、これが全て合っているとは限りません。

 

実際、新ドメインにしてからグーグル検索に引っかかってきた記事だけが申請されていたのか、過去の記事まで、しっかりと申請されていたのか、はっきりと分かりません。(ブログ自体に審査コードを張り付けているため、ドメイン変更前の過去の記事も見られているのかなあ・・・と推測します。)

 

正直な話、合格をいただけるまで楽しかったです。(ボス攻略みたいで・・・笑)

 

少しでも、悩んでいる方に届いたらいいなあと思い、書かせて頂きました。