るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

小学校の道徳ではネットでの「顔出し」について教えた方が良い

【スポンサーリンク】

小学生が将来なりたい職業に「Youtuber」が入ってますね。

 

気軽に有名人になれる!面白そう!という理由でなる子が多いですが、やはり一番怖いのは「顔出し」だと私は考えます。

 

子どもに「私、youtuberになりたいの!」と突然言われたらどうでしょうか。

きっとダメ!では収まりきらないでしょうね。

 

言う時の本人は、ある程度決意をして、話しています。

それが友達とであれば、なおさら。勝手にやるしかないですね。

 

対策としては、赤の他人。いわゆる学校の先生やネットに詳しい外部の人間を学校に招き、リスクについて、道徳で話してもらうのが一番な気がします。

 

できれば、本人が決意をする前の時点で。

 

ネットで顔を出せば、永遠にネットの海に写真が残ります。

個人がスクリーンショットを取ってしまえば、その人が消さない限り、ネットの画像を消したとしても、また写真を上げてしまえば、永遠に残ります。

 

少しでも顔を出して人気者になってしまったら・・・

その子の特定、家族の特定、ストーカーや将来就職の不利になる可能性もあります。

 

考えただけでも恐ろしいです。

 

 

f:id:ellun:20190607215419j:plain

 

「youtube 小学生」のオートコンプリートの、2つ目に「女子」という言葉が出てきています。

 

中身は、そういう趣向の方たちのページが出てきます。

 

そこにあなたの子どもや知り合いが出てきて、そういう目で見られていたら、どんな気持ちになりますか?

 

youtubeに限らず、Twitter、インスタグラム、Facebookなどに顔を出していることも、危険だと考えます。特に顔+本名。

 

もしスマートフォンをお子様がお持ちで、いつも何をやっているか不明な場合、探りを入れることが必要だと思います。

 

f:id:ellun:20190607221401j:plain

 

やはり、親子のコミュニケーションは大事。

 

日々何をしているのか、目を向けてあげることが、一番重要かもしれませんね。

 

ちなみに自分の子どもだけが映ったYoutubeのチャンネルで、投稿者である親自身はモザイクをかけて、子どもをしっかりと映し、親が従わせているようなチャンネルは、私は嫌いです。

 

子どもをお金稼ぎの道具にしかしていないチャンネルは残念極まりありません。

 

20歳を超えるまでは親の責任。

20歳を超えてからは本人の責任。

 

YoutubeのTOPに子どものチャンネルばかり出てくるので、書かせて頂きました。