るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

最近の若者は!と高齢者は言うけど。

【スポンサーリンク】

日頃、ご高齢の方に思うことを書きたいと思います。

 

こんなことを言ってしまうと、反感を買ってしまいそうですが、残念な高齢者が最近、増えてきているような気がします。

 

数えきれないほどあるのですが、スーパー等に行って、後から高齢の方が来たりすると、そのまま扉を開けて待機しているのですが、「ありがとう」という言葉をもらうことが本当に少ないです。

 

別に感謝をされたいために、開けている訳ではありませんが、一言あったり、目配りをがあってもいいんじゃないかなあ、と思う所があります。

 

むしろ、やってもらって当たり前。

開けてもらって当たり前。

 

 

他にも、駅のホームでタバコを吸っている高齢者がたまにいます。

 

今日もいたのですが、休日でしたので、小さいお子様をお連れの方もいて、危ないというのと受動喫煙が気になるため、

「ここ、禁煙ですよ。」と一言、声をかけたら、

「あ?勝手だろ、うるせえな」と言われたため、端にいた駅員に報告しておきました。

 

残り少ない人生なんだから、好きにさせろと言わんばかりの物言い。

 

 

足を怪我した時に、三か月ほど松葉杖で生活したことがあり、エレベーターを使う機会がありました。

 

そこで思ったのが、走る元気がある高齢者ほどよくエレベーターを使うなあと。

 

別に高齢者がエレベーターを使うなとは言いませんが、走るほど元気があればエスカレーターを使うべきなのではないのかな、と思うことがあり、エスカレーターでの移動は難しい車いすの方、ベビーカーの方は待つことになっていました。

 

また、出る時の状況にもよりますが、開けるボタンを押して、車いすやベビーカーの方を先に行かせるわけでもなく、そそくさと先に降りることの多さ。

 

逆に面白いことに、ドアを閉める時、閉めるボタン連打するんですよね。

 

乗ろうとしている人と目があってるのにも関わらず、閉めるボタンの連打。

いかに人を乗せずに、先に行くことの勝負するかごとく。

 

そして、走り乗れなかった高齢者はそのまま歩き、エスカレーターに乗るという。

 

それだけ元気なら、今後のためを考えて、最初から少しでも歩いて、エスカレーターに乗った方が良いのではないのかな?と思います。

 

介護予防、重要ですよっと一言言いたくなります。

 

 

電車で、あったことで言えばもう一つ。

 

臨月ではなかろうかお腹の大きい妊婦さんが乗ってきたので、席を譲ろうと席を立ち、話しかけている所に、突然、妊婦さんの後ろから乗ってきたおばあさんが、とんでもないスピードで席に座りました。

 

「あの、すみません。こちらの方に席を譲るために、立ちあがったのですが。」

と言ったところ、

「はぁ?」

と一言。

 

見た限り、足腰も悪くなさそう。そもそも、とんでもないスピードの時点で元気。

 

「いや、あの!」って怒りそうになりましたが、これ以上、妊婦さんにストレスをかけてはいけないと思っているところに、他の方が席を譲ってくれました。

 

私は小さい人間ですので、わざとそのおばあさんの目の前に立ち、ひたすら見ていました。でも、そういう人って気にしないんですよね。

 

f:id:ellun:20190601233452j:plain

 

よくこの今の時代を作ったのは私たちだ!敬え!というような方がいますが、

敬ってほしいのであれば、そちらからも最低限の礼儀がなければ、敬いたくはない!と私は考えています。

 

見本にしたい高齢者が増えれば、「最近の若者」も心優しく接してくれるのではないのでしょうか。