るるんのるんるん

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

会社で親が関わってくる件について

【スポンサーリンク】

出社すると、アホ課長が私に、

 

課長「○○(新入社員)の親から電話で、会社に行きたくないと言っているらしい。なんか聞いているか?」(少しキレ気味)

 

(いやいや、絶対あんたのせいだろ・・・)

 

私「いや、ちょっと分かりませんね。親御さんはなんとおっしゃっているんですか?」

 

課長「辛いと訴えているそうだ。親からなので、本人に直接連絡してみるか。」

 

(会社の予定表を見ると、課長今日一日何もないなあ。でも、課長と相談したらもっと気が病むだろうしなあ。悩むなあ。)

 

 私「私、外向きの用事があるので、先に電話して了承取れたら、帰り寄って帰ります。」

 

課長「助かる。」

 

 

電話をして、家に伺う了承を取り、家に行くと相手の親から一言。

 

 

f:id:ellun:20190525014619j:plain

 

「こんなに落ち込む、○○(名前)はこれまで見たことありません!」

とまさか、客先ではなく新入社員の親に怒られるとは思いもしませんでした。

 

「すみません、○○さんと話したいのですが、よろしいでしょうか」

 

「結構です!」

 

えぇ・・・。

 

その後、なんとか説得し、新入社員の親同伴で話し合いが始まる。

 

>突然の保護者説明会<

 

要約すると、課長の威圧がどうしても耐えれない。

報連相をしようにも、怖くてできない。怯えて、力が出せない。

会社の雰囲気が悪い。居心地が悪い。席を変えて欲しい。部署異動したい。

正直パワハラである。その他etc・・・

 

ワードで作った文章にひたすら書いてありました。

 

あとは、課長はどういう人なのか、逆に異動させられないのか等、ひたすら質問攻め。

 

誠心誠意応えて、就業規則に則って医師の診断書があれば、休むことができる話や、上司に今日のことについて、話し合いをする約束を提案し、なんとか終了。

終了というか、もはや解放。

 

 

課長にフィルターをかけて話をすると

「なんだ、結局辞めるのか?」と。

 

 私「向こうの親御さんの希望でもあったのですが、課長と直接、話したいみたいですよ。」

課長「○○がじゃなくて、親が直接、話したいと言っているのか?」

私「そうですね。」

 

は?こいつ何言ってるんだみたいな顔をしていた。

正直ここには同意である。ここまで話したのだから電話でやってくれと。

 

 

人事部にはノーフィルターで話しましたが、

「いやー異動は難しいよ。3月ならまだしもねえ。内容は理解しました。」

 

 

 

はあ。来週どうなるかなあ。

 

あまり言いたくありませんが、学校ではなく、会社に親が出てくるのは実際どうなのだろう。

 

過去にも「今日休みます」を、親からかかってきたことがあったしなあ。

 

なんだかなあ。

 

学校の先生が大変という気持ちがほんの少しわかった気がします。