るるんのるんるん

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

字が汚い人は細いペンの方が綺麗に見える!

【スポンサーリンク】

私はこれまで、たくさんの申請書や稟議書を出してきました。

 

そんな私が過去、却下の理由で一番悲しかったのが、「補足の字が汚くて読めない」でした。(ネタじゃなくて本気で)

 

字が太く、小さい文字で書いたりすると、見た目的にグチャグチャっとなりますよね。特に漢字。

 

そこで私は、字が綺麗ではない人におすすめしたい細いペンがありますので、ぜひ参考までに!

 

f:id:ellun:20190523215237j:plain

私の字の限界ですよ、みなさん。

これが30代おっさんの字ですよ。

 

ちなみにがっつり見本見て書きました。がっつりね。

 

ゆっくり丁寧に書けば、見てもらえるかと思いますが、あまり意識せず、サラサラっと太い字で書いてしまうと、どうしても線と線がくっついてしまい、謎の字が出来上がりますよね。

 

自分でも解読不可能なのに、それを他人に見せるなど・・・。

 

私は、正直字を綺麗にする努力より、書くボールペンをアップデートすることを選びました。色々考えた結果の、字を細くする作戦です!

 

字の汚い方は、どうしても線が歪んでしまったり、形が悪い所が特徴的です。(私の場合ですが・・・)

ただ、そもそも線が細いと、スタイリッシュに見えます。

そこで、汚く見える分、スタイリッシュさで、カバーすることが可能です。

 

逆に字が綺麗な方は太いペンの方が、見栄えも良く、非常に見やすいと思います。

 

 

 

ということはだよ!

顔文字はどうなんだろうと思い、比べてみました!

 

f:id:ellun:20190523215255j:plain

あれ、太い方がなんか優しく見える!?

 

細いとどうしてもスタイリッシュな分、貧相に見えてしまいますね。

 

よりしょんぼりな感じを出すのであれば、あえて細いのも手かもしれません。

 

 

 

と、と、と、と、ということは、絵心がない私が太いペンで絵を描いたら、絵心があるようにみえるのでは!?

 

これは世紀の大発明発見です!絵心ない人に朗報!!

 

なーに描こうかな!

 

そうだ!

 

今日、親子丼食べて帰ってきたので、にわとりにします!

 

 

 

 

f:id:ellun:20190523215246j:plain

・・・。

 

絵心どころか、まさかの一緒!

 

一概に何とも言えないのでしょう。線の書き込み数とかでも変わってきそうですね。

 

うん。

 

 今日のブログから得た教訓としては、

 

子どもに習い事をさせるならスイミングよりも習字である!

 

以上です!!