るるブログ

ゆっくりまったりのんびりと、少しまじめに少し面白く色んなことを書いていきます。

元地方公務員(元市役所公務員)による市役所の入職日初日について

【スポンサーリンク】

初日って、どんなことをするの?

また、迎える職員の思いなんかも少し書かせていただきます。

  

初日は、必ず辞令交付式があります。

 

1.新入職員全員集合(立ち位置等、細かく指示される場合があります。)

2.市役所関係者の紹介

3.辞令交付(ここで配属先が決まる形となります)

4.新入職員代表挨拶

2.市長挨拶

5.辞令を受けた配属ごとに解散!

 

大まかな流れはこんな感じだと思います。

 

その後、部署ごとに分かれ、新入職員は先輩職員の前に立ち、

一人ひとり意気込みや挨拶をします。(私は緊張で噛みました。)

 

具体的にどのようなことを言えば良いのか・・・

どこまで長く話して良いのか・・・気になりますよね。

わざわざ書く必要はないかと思いますが、緊張される方のために事例を上げると。

 

「この度、○○課に拝命いたしました、△△と申します!一日でも早く戦力になれるよう、一生懸命、取り組みたいと思います。よろしくお願いします!」

少し短いように思えますが、このくらいで正直良いと思います。

 

趣味は○○で!とか、過去こんなことをしていました!とか、話せる余裕があれば、良いかと思います。

 

ただ、先輩職員も全員の紹介を長々と聞いているほど余裕がない部署もあります。 

当時同期だった人は、趣味とか自身のキャッチフレーズを長く紹介していましたが、反応があまりなく、「なんかここの人って冷たくね?」とぼやいていました。

 

新入職員の方が入られることは心から嬉しいことです。

ただ、年度初めの忙しい時期ではありますので、偉そうなことを言って本当に申し訳ないのですが、出かける予定があったり、電話が鳴ったりと、あまり余裕がないのも事実です。本来であれば、新入職員全員の話をしっかりと聞くべきなんでしょうけどね。

 

そうは言っても、挨拶に決まりはありませんので、自己流で構いません、長くても大丈夫です。逆に余裕があると、先輩から質問されたりすることもあります。

ただ、反応が冷やかでも、決してあなたを嫌いではないということ。それは間違いないと思います。 

もし、何か伝えたい熱い気持ちがあれば、お昼休憩の余裕がある時間、新入職員歓迎会で発揮して下さると、嬉しいですね。

 

また今回みなさんが気になっている配属先も、

「住民と近くで関わり合い、困りごとを解決をしたい!」と面接で話し、希望の部署も面接で「地域振興課!」と言ったのにも関わらず、「高齢福祉課」だったり・・・

 

「子どもや家庭、待機児童に貢献したい!」と、今までの経験がある話をしたのにも関わらず、何故か「市民課」に配属だったりします。

 

最初に、出鼻をくじかれて、少し経つと「私がやりたいこと違う」「やっぱり民間の方がやりたかったことができる」と言って、早々に辞めていく人は確かにいます。

 

もし、配属部署に期待をしている方がいればですが、期待するなとは決して言いません、ただ、期待しすぎない方が、ダメージが少ないとだけ言っておきます。

 

私もそこまで長くいたわけではないので、偉そうなことは中々言えませんが、やりたいと思えない部署での経験も希望の部署に配属された際に、役に立つことはたくさんあります。

住民や地域の関係者の人とのつながりが自分の立てた企画で助けになったり、予算組みに当たっても、経験が活きることがあります。

 

私も正直、最初は希望部署ではなく、やりたいと思っていた仕事でもない、残業も多い、外からも中からも怒られることが毎日・・・入職3か月目で、本気で辞めようと考えたこともありました。 

 

前回の記事にも書きましたが 

 

ellun.hatenablog.com

この記事を書いていて、自分が入職した時の思いとか、もっとこういう風に最初しておけばよかったなぁ・・・と一部書いてあります。

 

転職者や経験者の方は、もしかしたら仕事の流れというのが大まかに分かっていて、経験から臨機応変に対応できるかと思いますが、大学卒業してすぐの新卒の方、第二新卒の方は、もしかしたら最初めちゃくちゃ嫌な思いをすることがあるかと思います。

 

研修は一か月程度だと思います。(市役所によってはもっと短い所もあると聞きます)

「いやいや、知り合いの民間企業の研修3か月とかやってるけど!?」

私もそう思いました。ゴールデンウィーク明けくらいから、普通に電話対応、住民対応と・・・そこまで1から教わっていないのに・・・。

また、全然分からないのに、聞きたい先輩が忙しい・・・とか。

最初にぶち当たる様々な壁について、近いうちに書きたいと思います。

 

私はもう離れた身なので、1人の住民として言わせていただくと、

市民の代表である意識を持ち、市民の悩みを解決し、願いを叶え、より住みやすい市にしてくれることを私は願っています。

 

頑張ってください!